(受付終了)『感情労働』と向き合う心理学ゼミ

キャリア

講座情報

2019年01月22日(火)

19:00 - 20:30

開催回数

全5回

講義室

教室3

席数

22席 残席わずか

¥40,500/ 全5回

お申し込みはこちら
講師

東京成徳大学 応用心理学部 准教授

関谷 大輝 /

講座概要

「私たちが働いていく中で不可欠なものは?」――様々な答えがあげられますが,そのひとつに私たちの『感情』があります。とりわけ,医療・社会福祉・教育などの対人援助に携わる職業や,接客,営業など,人と密に関わる仕事において感情のコントロールは欠かせません。このような仕事は『感情労働』と呼ばれ,そこで行われる感情のコントロールや”精神の提供”は,ストレスの一因になるとも言われています。

しかし,感情労働と上手に向き合う具体的な方法については,これといった正解が示されていないのが実情です。
そこでこのゼミでは,関連する心理学的知識の基礎や,感情労働論についての講義を行い,皆様が携わる感情労働の実情,それとの向き合い方等について,ワークショップ形式で「共有し」「考えていく」場をもうけます。未だ答えのない感情労働対策に関わる”新たな研究や実験に参画する”ようなイメージで,一人ひとりが,そして社会が,感情労働とどのように付き合っていけばよいのかを考えていきましょう。


(画像はイメージです)
----

◆この講座のポイント
・現代の労働である『感情労働』について深く知り,その内容や影響について具体的に学べます
・働く人にとって必要不可欠な、心理学的な観点を学ぶことができます
・単なるストレス解消ではない、自分の感情をうまく活用するための”ライフスキル”を手に入れられます
・感情労働でつぶれないための、みなさんなりの”ルール”を手に入れられます

◆こんな方にオススメ
・新たな視点から,仕事(働くこと)の意味や価値を捉え直してみたい方
・うつうつとした職場の環境を変革したい方
・自分の感情や気持ちを深く知り,より適切にコントロールしていく方法を探求したい方
・新たな「感情労働・ストレス対策」について,オリジナルな視点を考え,実践してみたい方
・正解のない現実的課題に,心理学的・研究的な視点からアプローチする楽しさを味わいたい方

◆スケジュール
第1回(1月22日)
第2回(1月29日)
第3回(2月 5日)
第4回(2月12日)
第5回(2月26日)

詳細は後日公開いたします。

◆関連講座
人生100年時代を生き抜く人間再開発ゼミの他講座は、
こちらからご覧いただけます。

----

<お申し込みの流れ>
@「お申し込みはこちら」よりお手続き
ログインまたはユーザー登録がお済みでない方は、ご登録をお願いいたします。

Aクレジットカードでの決済
クレジットカードでのお支払となります。お支払いをもって、お申し込み完了となります。

B自動応答メールの送信
info-neo@list.waseda.jpより、お申し込み内容確認のメールが送信されます。

Cご利用当日のご来館
ご利用日に、WASEDA NEO事務局カウンターまでお立ち寄りください。
ご希望の方には領収書の発行も承っております。
※領収書の発行をご希望の場合は、予めご連絡ください。

Dプログラムのご受講
ご希望の方には受講証明書を発行しております。
※受講証明書の発行をご希望の場合は、予めご連絡ください。

講師紹介

東京成徳大学 応用心理学部 准教授

関谷 大輝 /

早稲田大学第二文学部卒業後、横浜市役所にて公務員(社会福祉職)として勤務しながら、社会人大学院である筑波大学大学院人間総合科学研究科生涯発達科学専攻博士後期課程を修了。博士(カウンセリング科学)。

社会福祉士、精神保健福祉士、国家資格キャリアコンサルタント、温泉ソムリエ。2013年より現職。
専門は応用心理学、臨床社会心理学、観光(温泉)心理学。自らも感情労働を経験した(している)一人として、現場感覚を大切にしながら、働く人々のストレスや対策を「感情労働」の視点から心理学的に検討することを研究の中心テーマとしている。このほか、近年は、心理学の視点から温泉ツーリズムに関する研究にも挑戦中。

講座情報

2019年01月22日(火)

19:00 - 20:30

開催回数

全5回

講義室

教室3

席数

22席 残席わずか

¥40,500 / 全5回

お申し込みはこちら