SDGs総論〜SDGsの進捗状況と課題〜

その他

講座情報

2019年04月10日(水)

18:30 - 20:00

開催回数

全1回

講義室

Blendipityホール

席数

80席 空きあり

¥5,400/ 全1回

お申し込みはこちら
講師

一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク事務局長代行

新田 英理子 / Eriko Nitta

講座概要

2015年に採択されたSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)に対する理解や認知は、日本国内でも徐々に浸透してきています。しかしながら今を生きる我々個人や企業は、その趣旨には賛同しつつも次世代のあるべきライフスタイルや、実行可能な身近な取組みについては、まだまだ模索中なのではないでしょうか?ましてや、個人の努力や良心だけでは解決できない地球規模の課題については、「誰が何をすべきか」という具体的なロードマップはおろか、我々はその課題の全体像さえ把握できないのではないでしょうか?

WASEDA NEOでは「SDGs時代の知的実装講座」として全12回の連続講座を開講します。各界の第一線で活躍する現役の専門家をお招きし、世界や日本が直面する課題を分野ごとに深く読み解いていきます。受講者それぞれが世界の課題を読み解くコツやポイントを理解し、その課題解決に向けた取組みや知見を学び実装する事を目的としています。本講座では、受講される皆様自身が、明るい未来創造のために、具体的な行動をとるためのレシピをご提供していきます。

スタートとなる第1回目は、SDGs達成のための政策提言、啓蒙活動、そして市民社会における企業、政府、研究機関、国際機関との連携強化を実践してこられた新田英理子 様にご登壇をいただきます。2015年にSDGsが国連で採択された背景の解説、2019年現在の進捗状況と課題、更には2030年の目標達成のために、世界がどのようなアプローチをとってきたのか。また今後、我々は何に着目しどのようにアプローチをしていくべきなのかについてお話をいただきます。


◆この講座のポイント
・SDGsが成立した社会的背景、現在の進捗状況や課題等が学べます。
・SDGs実践のための市民公益活動団体や各アクター(国・企業)のアプローチが学べます。
・SDGsの目標を達成するための身近な取り組みを学べるとともに、個々人が実践できる行動などについても学べます。

◆こんな方にオススメ
_SDGsを一から学び始めたい人
_SDGsの活動に何かしらの形で加わりたい方

<参考図書>
基本解説『そうだったのか。SDGs』

-------------------------
<お申し込みの流れ>
@「お申し込みはこちら」よりお手続き
ログインまたはユーザー登録がお済みでない方は、ご登録をお願いいたします。

Aクレジットカードでの決済
手続き後、お申し込み完了となります。

B自動応答メールの送信
info-neo@list.waseda.jpより、お申し込み内容確認のメールが送信されます。

Cご利用当日のご来館
ご利用日に、WASEDA NEO事務局カウンターまでお立ち寄りください。
ご希望の方には領収書の発行も承っております。
※領収書の発行をご希望の場合は、予めご連絡ください。

Dプログラムのご受講
ご希望の方には受講証明書を発行しております。
※受講証明書の発行をご希望の場合は、予めご連絡ください。

講師紹介

一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク事務局長代行

新田 英理子 / Eriko Nitta

認定特定非営利活動法人日本NPOセンター特別研究員。企業の社員教育部門に勤務後、環境NPOを経て1998年日本NPOセンター入職。NPO向け講座の企画や運営、

企業の社会貢献プログラムや企業との協働事業の企画運営などのNPO支援を担当。事業統括部長、事務局長、SDGs事業プロデューサーを経て2018年より現職。2017年よりSDGs市民社会ネットワークに週3日勤務。SDGsに地域で取り組むNPOの支援を行う。鳥取県協働提案・連携推進事業補助金審査会委員、スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム選考委員、京都精華大学評議員。一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク事務局長代行。

講座情報

2019年04月10日(水)

18:30 - 20:00

開催回数

全1回

講義室

Blendipityホール

席数

80席 空きあり

¥5,400 / 全1回

お申し込みはこちら