(受付終了)リーダーのための「ケースで学ぶ*実践コーチング」

〜職場の“あるある”から導く〜

リーダーシップ

講座情報

2019年05月08日(水)

19:00 - 20:30

開催回数

全5回

講義室

教室1

席数

20席 空きあり

¥27,000/ 全5回

お申し込みはこちら

講座概要

〜職場の“あるある”から導く〜
職場でありがちな「上司・部下のギャップ」の例から、コーチングの活用方法を学びます

講師が10年間の集合研修や個別セッションで出会った、「上司・部下のギャップ」例をもとに、職場で起こりがちなケースを考えます。
人は誰でも良かれと思い、自分の規範や役割に忠実に行動しています。しかしながら、自身の行動が相手にどのようなインパクトを与えているかに無自覚だったり、お互いの理解が足りない故に、職場では様々なギャップが生まれます。そうした身近なケースを紐解きながら、リーダーとしての「自分らしい」関わり方をコーチングをベースに考えていきます。

コーチングスキルのみならず、部下育成に必要な視点やモノの見方、人間関係やモチベーション、相手のタイプの見極め方など、「知っていたら苦労しなかったのに」というエッセンスを盛り込んで展開します。ケースディスカッション⇒ロールプレイング⇒解説、という流れで進めていきますので、理解が深まります。ギャップは、案外シンプルなことで起こります。上司としても悩みぬいた経験を持つ講師が10年間、様々な職場の悩みに向き合ってきたからこそのケースの数々。多方面からの視点を持つことで、自身のあり方や部下との関係性に、変化を起こしていきましょう。

◆この講座のポイント
・具体的ケースからコーチングを学びます
・ディスカッション⇒ロールプレイング⇒解説という流れで、実践的に学びます
・自身のあり方を見つめなおし、柔軟な発想を手に入れることができます
・日頃、感じている職場のギャップ解決について、様々な視点を手に入れることができます
・育成における、部下を観る目を養います
・人に対する「苦手」がなくなります
・リーダーとしての自分と、相手の可能性を拓きます

◆こんな方にオススメ
_管理職やリーダー層の方
(OJTリーダーなど、メンバーや後輩指導・育成に関わる方々)
_これからリーダー層になる方
_コーチングのスキルや考え方を、日常でもっと生かしたいと思っている方
_部下育成について、広範囲でヒントを得たいと思っている方
_リーダーとしてのあり方を見直してみたい方
_ごきげんな職場作りにトライしたい方

◆スケジュール

第1回(5月 8日):「プライドが高い」部下 〜リフレーム・部下の何を見るのか?〜
「プライドの高い部下に、会議の仕切りを任せた。案の定、上から目線で話をして皆の不興を買う。翌日、そのことをフィードバックしたら、不満そうな顔で黙り込んでしまった・・・」
職場には、様々な性格の人がいます。プライドが高い、引っ込み思案で積極性に欠ける、お調子者でうっかりが多い、などなど。そんな部下を持ったあなたは、何を見て、どう対応しているでしょうか?
マネジメントの中で、人は最も限られた、しかしながら大きな可能性を持つ資源です。「リフレームの考え方」と、「行動」をとらえることで、部下一人ひとりの可能性を引き出すことを考えていきます。

第2回(5月15日):「不満そう」な部下 〜傾聴・本当は何を思っているのか?〜
「新規開拓営業に乗り気でない部下。会議の席でも、いつも “ やりたくなさそう ”な顔をしている。とうとう腹に据えかねて話をしたら、思いがけない言葉が返ってきた・・・」
上司と部下の視界の違いを理解し、相手の話を「どう聴くのか」を考えます。
また、モチベーションを上げるためにほめるのではなく、「仕事ができるようになるからこそモチベーションが上がる」ことを考えていきます。

第3回(5月22日):「話しにくい」部下 〜タイプ別コミュニケーション〜
こちらが元気いっぱいに話しかけても反応の薄い人。威圧的に話をしてくる人。はっきりせずなんだか煮え切らない人。
「なんとなく話しにくい」「なんとなく苦手」という人はいませんか?うまく言葉のキャッチボールができないと、「この人、私のこと嫌いなのかも」と思ってしまったり。。。でも、仕事をする上では、そんなことは言っていられません。
「ソーシャルスタイル」を知り、お互いの心地よいコミュニケーションパターンを活用できれば、職場での会話もグーンとラクになります。

第4回(5月29日):「ほめる」と「叱る」 〜フィードバック・伝えたいことは何か?〜
「言おうか、言うまいか・・・。上司としては叱るべきだと思うのに、迷っているうちに、部下は帰ってしまった」
「ほめる・叱る」にハードルを感じている人は多いはず。なぜならば、相手に一歩踏み込むことで「感情」を刺激してしまうのではないかという恐れを持つからです。しかしながら「ほめる」も「叱る」も、仕事上ではとても大事な関わりポイント。
ここでは、ケースや過去のエピソードを振り返りながら「効果的な」伝え方を考え、実践していきます。

第5回(6月 5日):「能動的」な部下の育て方 〜問いかける・誰のための質問か?〜
「コーチングを習ったので、意気揚々と“ それで君はどう思うの?” と質問をしてみた。ちっとも思ったような答えが返ってこない」
コーチングは“ 相手の中に答えがある ” というけど、適切な答えが返ってこないと、上司の方がしびれを切らしてしまう。そんなことはありませんか?
仕事を任せたいけど、結局任せきれずに「自分が抱え込んでしまう」になってしまっているあなた。ご自身の「問い」を今一度、点検してみましょう。


(画像はイメージです。)

-----------------

<お申し込みについて>
本講座のホームページからのお申込み受付は、前日までとなります。
それ以降のお申込みは、03-6262-7534 WASEDA NEO事務局までお問合せください。(電話受付時間 月〜金 9:00-20:00、土 9:00-17:00、日・祝 閉室)

@「お申し込みはこちら」よりお手続き
ログインまたはユーザー登録がお済みでない方は、ご登録をお願いいたします。

Aクレジットカードでの決済
クレジットカードでのお支払となります。お支払いをもって、お申し込み完了となります。

B自動応答メールの送信
info-neo@list.waseda.jpより、お申し込み内容確認のメールが送信されます。

Cご利用当日のご来館
ご利用日に、WASEDA NEO事務局カウンターまでお立ち寄りください。
ご希望の方には領収書の発行も承っております。
※領収書の発行をご希望の場合は、予めご連絡ください。

Dプログラムのご受講
ご希望の方には受講証明書を発行しております。
※受講証明書の発行をご希望の場合は、予めご連絡ください。

講師紹介

コーチ/組織開発プロデューサー/株式会社プロビーダ代表取締役

朝田 思乃 / Shino Asada

人見知りで、コミュニケーションが大の苦手。そんなところからスタートした社会人生活。コーチングと出会って「コミュニケーションは人柄や性格ではなく、

後天的に身につけられるスキルだ」ということを学び、生きるのがとってもラクになりました。2008年、株式会社プロビーダ設立。「コーチング」「キャリア」「リーダーシップ」を中心に、若手からマネジメント層、経営層まで、研修や個別コーチングを通して「人と組織を芯から元気にする」ひとり一人に向き合う組織開発プロデューサーとして、人の育成と組織開発に取り組んでいます。早稲田大学教育学部卒。

スケジュール

<第1回> 05月08日(水) 19:00〜20:30


<第2回> 05月15日(水) 19:00〜20:30


<第3回> 05月22日(水) 19:00〜20:30


<第4回> 05月29日(水) 19:00〜20:30


<第5回> 06月05日(水) 19:00〜20:30


申込方法

@「お申し込みはこちら」よりお手続き
ログインまたはユーザー登録がお済みでない方は、ご登録をお願いいたします。

Aクレジットカードでの決済
クレジットカードでのお支払となります。お支払いをもって、お申し込み完了となります。
請求書払い(法人様用)によるお申込みをご希望の場合は、こちら のフォームよりお申込ください。

B自動応答メールの送信
info-neo@list.waseda.jpより、お申し込み内容確認のメールが送信されます。


※領収書、受講証明書(一部講座)の発行をご希望の場合には、予めご連絡ください。

※講座によっては、一部お申し込み方法が異なる場合がございます。講座概要内の注意事項や、備考も併せてご参照ください。

※セミナーの様子をWEB・SNS等掲載のために撮影する場合がございます(個人名やご所属は掲載いたしません)。ご都合の悪い方はスタッフまでお声掛けください。

※欠席時の講義についての録音・録画等の対応はいたしかねます。

講座情報

2019年05月08日(水)

19:00 - 20:30

開催回数

全5回

講義室

教室1

席数

20席 空きあり

¥27,000 / 全5回

お申し込みはこちら