(受付終了)心を強くするストレスマネジメント術〜首尾一貫感覚〜

コミュニケーション

講座情報

2019年10月17日(木)

07:20 - 08:20

開催回数

全5回

講義室

教室3

席数

20席 空きあり

¥27,500/ 全5回

お申し込みはこちら

講座概要

〜“首尾一貫感覚”を高め、困難な状況にもめげずに結果を出す感覚を身につけます〜

困難な状況や不安、危機にもめげずに乗り越え、結果を出す人は、いったいどんなメンタルの持ち主なのでしょうか。

そのカギとなるのが「首尾一貫感覚」です。
「首尾一貫感覚」とは、医療社会学者のA.アントノフスキー博士が提唱した、ユダヤ人強制収容所を生き抜いた末、更年期になっても心身ともに良好な健康状態を維持していた女性たちがもっていた共通の特性から導き出された概念です。別名「ストレス対処力」とも呼ばれ、日常的に生きにくさや不安を感じる現在社会において注目されはじめています。

本講座では、自分自身はもちろん、組織やチームで共有できるように体系的に学びます。「首尾一貫感覚」とは何かを知り、高める方法を学ぶことはもちろん、実際のカウンセリング現場でつかわれている心理療法も体験します。また、参加者同士でコミュニケーション力をアップさせるトレーニングを実施する参加型講座でもあるので、すぐに使える“スキル”として身につけることができます。


関連講座:8月21日開講のストレスマネジメント講座はこちらを参照ください。

参考図書:『首尾一貫感覚で心を強くする』(小学館新書・2018年10月)



◆この講座のポイント
・本講座の内容はすべて、研究結果から明らかになった科学的根拠に基づいたものです。
・首尾一貫感覚は、後天的に高められる能力です。その具体的な高め方をお伝えします。
・実際に精神科医療やカウンセリングの現場でつかわれている心理療法を体験していただけます。 
・8000名をカウンセリングしてきた講師から身近な“困った人”への対処方法を学べます。
・心理学の知識がゼロでも、押さえるべきポイントを分かりやすくお伝えしますので心配ありません。
・人の悩みを正確に聞き出し、ベストな対応をするコツを身につけられます。
・首尾一貫感覚を高めると、自分が主役の新たな“人生物語”をデザインできるようになります。



<お申し込みについて>
本講座のホームページからのお申込み受付は、初回開講日前日の13時までとなります。
それ以降のお申込みは、03-6262-7534 WASEDA NEO事務局までお問合せください。(電話受付時間 月〜金 9:00-20:00、土 9:00-17:00、日・祝 閉室)

こんな方にオススメ

_メンタルを強くしたいと思うすべての方
_組織内にいる“困った人”への対応に困っている方
_就職や転職、第2の人生を考えている方
_心理学やカウンセリングに興味があり、実際に体験してみたい方
_人から相談をされる機会が多い方
_なんとなく人生を送っていてなにかを“変えたい”と思っている方

講師紹介

ストレス・マネジメント研究者
株式会社メンタルシンクタンク
副社長 兼 カウンセラー

舟木 彩乃 / Ayano Funaki

筑波大学大学院修士課程修了。一般企業の人事部や国会議員秘書などを経て、現在、筑波大学大学院ヒューマン・ケア科学専攻(3年制博士課程/ストレス・マネジメント領域)に在籍。

カウンセラーとしてのべ 8000人以上、コンサルタントとして100社を超える企業の相談に対応。2017年度「文理シナジー学会学術奨励賞」を受賞。国家資格として、精神保健福祉士や公認心理師、第一種衛生管理者、キャリアコンサルタントなどを保有。毎日新聞/経済プレミア連載「職場のストレスマネジメント術」、ダイヤモンドオンラインやPRESIDENT、NEWSポストセブンなど記事多数執筆。

スケジュール

<第1回> 10月17日(木) 07:20〜08:20
“首尾一貫感覚”を学ぶ
現代は、ストレス社会であり、また多くの人が先行きの不透明さに不安を抱いている社会です。そんな社会で、困難な環境にありながら生き生きと働き、結果を出している人達がいます。彼らは他の人たちとどのような違いがあるのでしょうか。
“困難な状況にもめげずに結果を出す人”
おそらく、その人たちは「首尾一貫感覚」が高い人たちです。首尾一貫感覚は「3つの感覚」から成り立っています。
第1回は、首尾一貫感覚の基礎知識を学び、日常生活で「3つの感覚」を意識していく方法を習得します。この方法を習得すると、心配事や不安なことが思い浮かんだときでも、自分自身で悩みごとのメカニズムを理解でき、どのように対処すべきかを整理することができます。

<第2回> 10月24日(木) 07:20〜08:20
ストレスな出来事に対する自分の「捉え方」のクセを知ろう
私たちは日常的に「ストレス」という言葉を使いますが、この言葉には決まった定義はなく、さまざまな角度から説明されています。どの定義が正しいということではなく、主な定義の「ストレス」を複数知っていることは、自分がストレスに立ち向かう場面で有利になります。
その上で、自分はストレスな出来事に対して“どういうものの見方・捉え方をするのか”など、ストレスに向き合うときの自分自身のクセを知ることが重要です。孫氏の兵法にある“彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず”と同じ考え方です。
なお、“捉え方”は生まれ持った性格ではなく“クセ”であるため、後天的な修正が十分に可能です。
第2回の講座では、ストレスな出来事を「どう捉えるか」にフォーカスし、人によりさまざまな“価値観”があることをシェアします。これにより自分の“捉え方”のクセを自覚でき、強化する良いところや改善していく箇所が明確になります。

<第3回> 10月31日(木) 07:20〜08:20
“会話がかみ合わない…”メカニズムを理解して“対話力”を上げる
コミュニケーションにおいては、しばしば自分の意図したような意思の疎通ができないことがあります。例えば、純粋な親切心から伝えたはずなのに敵意をもった言葉として捉えられたこと、きちんと説明したはずなのに“え!そこですか?”というところにこだわられたことなど、頭を抱えたくなるケースに遭遇した人は多いのではないでしょうか。
このようなことが起こる理由は大きく2つあります。
1つは、『伝え方』です。例えば、組織の中では、本音を“ストレート”に表現することでさまざまな摩擦が起こります。そのため、本音をオブラートに包んで話したりするのですが、一番理解してほしいところが伝わっていなかったりします。
2つめは、『認知』(=“捉え方”)の違いです。こちらがどのような意図で伝えたとしても、すべては相手の受け取り方次第となります。
第3回の講座では、“会話がかみ合わない…”のメカニズムを理解することでストレスを減らし、伝え方を工夫することでコミュニケーションを円滑にする方法を習得します。

<第4回> 11月07日(木) 07:20〜08:20
カウンセリングを体験してみましょう
精神医療などの現場では、実際にどのようなカウンセリングが行われているかご存知でしょうか?悩み相談を丁寧に聴くことはもちろんですが、さまざまな心理療法を駆使して、ものごとの考え方・捉え方を変えたり、コミュニケーションスキルをあげていく練習などを並行して行っています。
心理療法と聞くと、特別な知識や経験が必要と感じるかもしれませんが、これらの基本は第1回の講座から学んできたものです。
今まで学んできた知識をつかって実際に自分がカウンセリングをする・受けるの立場を体験してみたいと思います。
ペアになって、カウンセラーとクライアント両方を演じてもらい、それぞれの役割を演じた後、どんな気持ちになったか、他にどんな対応をしてもらいたいかなどポジティブな面を中心にシェアします。
練習を重ねると、人の悩みを正確に聞き出し、ベストな対応をするコツが分かってきます。

<第5回> 11月14日(木) 07:20〜08:20
自分が主役の新たな“人生物語”をデザインしましょう
これまでの講座でお伝えしてきた内容は、私がカウンセリングで使う心理療法の中から、首尾一貫感覚を高める効果が期待できる方法をまとめたものです。最終回では、自分を見つめ直す機会に使う“『自分物語』整理整頓マトリックス”をつかって、自分が主役の新たな“人生物語”をデザインしてみましょう。
このように「自分物語」を整理し直すことは、新たな自分の物語を作っていくなかで、改めて自分の“資源”に気づいたり、自分の生きる意味や意義に気づいたりできるというメリットがあります。さらにそれは「3つの感覚」を高めることにつながります。
あなたにとっての“自己実現”や“生きる意味”は何でしょうか。それがあなたの首尾一貫感覚の“核”となるものです。
(画像はイメージです。)

申込方法

@「お申し込みはこちら」よりお手続き
ログインまたはユーザー登録がお済みでない方は、ご登録をお願いいたします。

Aクレジットカードでの決済
クレジットカードでのお支払となります。お支払いをもって、お申し込み完了となります。
請求書払い(法人様用)によるお申込みをご希望の場合は、こちら のフォームよりお申込ください。

B自動応答メールの送信
info-neo@list.waseda.jpより、お申し込み内容確認のメールが送信されます。


※領収書、受講証明書(一部講座)の発行をご希望の場合には、予めご連絡ください。

※講座によっては、一部お申し込み方法が異なる場合がございます。講座概要内の注意事項や、備考も併せてご参照ください。

※セミナーの様子をWEB・SNS等掲載のために撮影する場合がございます(個人名やご所属は掲載いたしません)。ご都合の悪い方はスタッフまでお声掛けください。

※欠席時の講義についての録音・録画等の対応はいたしかねます。

講座情報

2019年10月17日(木)

07:20 - 08:20

開催回数

全5回

講義室

教室3

席数

20席 空きあり

¥27,500 / 全5回

お申し込みはこちら