デザインシンキング・エクササイズ(1月)

マーケティング

講座情報

01月17日(水)

07:20 - 08:20

開催回数

全5回

講義室

教室9

席数

30席 空きあり

¥27,000/ 全5回

お申し込みはこちら
講師

株式会社mct 代表取締役

白根 英昭 / Hideaki Shirane

講座概要

声なきニーズを具現化する
デザインシンキング・エクササイズ(入門)
〜”顧客目線”でアイディア量産〜

---
<この講座のポイント>
・顧客目線でアイディアを発想する思考法を学べます。
・思い込みから脱却し、広い視点で物事を見られる能力が得られます。
・人への共感力が高まります。
---


自社が提供するサービス・商品は、顧客の視点にたって考えられていますか?
普段何気なく接しているサービス・商品に対して、顧客がどういった期待や感情を持っているのか。そのことを分析する思考法を身に付けることが、新たなあなたの成長につながる”きっかけ”になるかもしれません。

このプログラムは、顧客視点でビジネスを変革するためのデザインシンキングの考え方、プロセス、マインドセット、メソッドを、具体的なエクササイズを通じて学んいく入門プログラムです。頭と体と心をフル回転させながら楽しく学び、思い込みから脱却した柔軟なアイディアの発想法を体得できます。



◆こんな方にオススメ
 _デザインシンキングを学びたい方
 _創造力や発想力を高めたい方
 _イノベーションに興味がある方
 _デザインに興味がある方
 _商品開発、マーケティングを担当している方



◆スケジュール
第1回 (1月17日):イノベーションのメソッドを手に入れよう
 イノベーションでデザイン思考が必要とされる背景とデザイン思考の基礎となる考え方(人間中心アプローチ、リフレーミング、発散と収束、共感、視覚化、反復性など)を概観します。


第2回 (1月24日):これまでとは違うレンズで状況を俯瞰しよう
 業界、トレンド、自社、顧客について、これまでとは異なる視点で状況を理解し、イノベーションの機会を捉えることの意義とそのためのメソッド、求められるマインドセットについて、エクササイズを通して体験的に学習します。


第3回 (1月31日):「共感」を使って人々の隠れたニーズ・ウォンツを理解しよう
 人間中心デザインの考え方を踏まえて、エクササイズを通じてユーザーリサーチのポイント、コツを体験的に学習します。


第4回 (2月 7日):効果的なアイデアを量産しよう
 フレームワークを使って効果的なアイデアを量産する方法、飛躍的なアイデアを強制発想するツールの使い方についてエクササイズを通じて学習します。


第5回 (2月14日):アイデアを統合し、コンセプトをシミュレートしよう
 「意味」や「感情」をもたらすシステムとしてアイデアを統合し、検証すべきクリティカルなポイントを特定するプロセスを、エクササイズを通じて学習します。

講師紹介

株式会社mct 代表取締役

白根 英昭 / Hideaki Shirane

2002年にペルソナ(象徴的な顧客像)やエスノグラフィ(人類学の手法を応用した調査方法)等の活用によるイノベーションのコンサルティングサービスを開始。

一橋ビジネスレビュー(2007年)、日経情報ストラテジー(2008年)、ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー(2010年)などに寄稿。 2008年から関西の産官学共同によるソフト技術者の養成塾で講師を担当。2016年から大阪市委託事業IoTスタートアップ創出プログラムにてビジネスデザインワークショップの講師を担当。ペルソナ&カスタマエクスペリエンス学会理事。

講座情報

01月17日(水)

07:20 - 08:20

開催回数

全5回

講義室

教室9

席数

30席 空きあり

¥27,000 / 全5回

お申し込みはこちら