@Innovation講座シリーズのご案内【オンライン講座】

未分類 2021/9/13

 

 

「@Innovation講座」とは
昨今、様々な場面、様々な組織で『Innovation』というキーワードが重視され、同時にそこに取り組む方々も増えています。

ただ、個々のInnovationを具体的に成功させるテンプレートや方程式がある訳ではありません。しかも最初から答えが見えている訳でもありません。答えさえ見つからず茫然・困惑している方も少なくないと思います。

 

 1968年。アメリカ。ある化学用品メーカーの研究者だったS・スペンサーさんは「接着剤」の新製品開発に取り組んでいました。これまでにない、「他社を凌ぐ強力な」接着剤の開発です。過去にない薬剤の組み合わせや配合条件等を次々に試していきます。現状より強力な試作品もできますが、社運をかけている訳ですから「より強力な」製品を望まれます。当然その中には「ダメ元」で試作し、実際使い物にならない「劣悪な」試作品も生まれてきます。今までにない「新しい物を産みだす」事は直線的/効率的には進まず失敗は当然です。そしてこの「劣悪な性能で」「くっつかない」接着剤!?を、興味本位に同僚が持ち帰ります。彼の趣味はオーケストラでの楽器演奏でした。譜面に自分のpartを示す「しおり」を挟むのですが、「しおり」は譜面に触るとすぐに落ちてしまうので、譜面を傷めずしおりをくっつける「素材に優しい」接着剤として使ってみたのです。

 

そう。これが今や世界中で誰でも一度は使っている「ポスト・イット」の物語です。

もちろん、「製品化」されるにはまだ紆余曲折はあります。それでもこのエピソードから学べる事は多くあります。世界中で何十年に渡り商品として拡がり、皆さんの生活でも「当たり前」になっている画期的な製品は、元々それを目指して創作されたものではないのです。

 

「Innovation」を進めていくために何を意識するのか。それは手早く「答え」をコピペするテクニックの産物ではなく、自分を含め「周囲を巻き込み」ながら、「当たり前」ではない事、ちょっとした変化や出来事、違和感や失敗をどうやって受け止め、展開するのか。

答えはありませんが、事実、Innovationを進め、Business社会で形にしてきた方々の考え方、見方、行動等をロールモデルとして学ぶ事で、これからInnovationに向き合おうとされる皆さん一人一人が、各々必要とする契機・刺激を見出していただければと考えています。

 

いたる所に「Innovation」に関わり「Innovation」を推進するTalentをお持ちの方はいらっしゃいます。今回の講師:Social Transform の皆さんも、業界、立場、役割、キャリア、全くバラバラです。

講座で披露される体験や視点・理念等を参考として、皆さん自身が身近に、「味方」となるTalentを見出し、「Innovation」を進めていく一助となれば意義深いと考えています。
是非、可能な限り多くの講師:Social Transform との接点をお持ちください。

 

【@Innovation講座】全12回

第1回:元航空自衛隊女性幹部が語る!チームの勝ち負けはリーダーが全て!!(9/28)

第2回:Innovationの原点とは?(10/11)

第3回:『地球に住めなくなる日』を回避する持続可能な世界設計のレシピ(10/27)

第4回:働き方のイノベーション 4つの「しごと」を楽しむ(11/11)

第5回:起業・独立希望者必見!!事業を自らで起こす、その秘訣とは?(11/29)

第6回:公務員/会社員からの起業の極意(12/9)

第7回:伝統にもInnovationを!!(12/16)

第8回:差別化につなげるInnovationとは? (1/11)

第9回:今、なぜ障がい福祉か?(1/19)
第10回:イノベーションにおけるもう一つの絶対的に重要な役割とは?(2/3)
第11回:魂レベルが問われる時代に生き残る方法(2/22)
第12回:とにかく解りやすく解説!!組織を壊すイノベーションとは?(3/3)

 

*お申し込みは各回のページからになります。ご希望の回をお申し込みください。